三環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬という薬品があります。
抗うつ薬の種類の1つ。略称は、TCAです。
化学構造特徴として構造の間、ベンゼン環を両端に含む3つの環状構造は、一般に特定のものによって特徴づけられることに起源があることです。
それは、第一世代(第二世代の抗うつ薬)と分類されます。
ノルアドレナリン(鬱病症が持っている国の正常状態よりセロトニン)のような神経伝達物質が、不足すると、思います。
そして、三環系抗鬱薬はこれらの神経伝達物質に参加している神経細胞レセプターに作用して、孤立したノルアドレナリン(セロトニン(私は正確に神経細胞のために吸収を妨げます))を増やすために作用します。
そのうえ、私が注意を払うことは必要です。
そして、しかし飲み始めた後に1-2週の間苦しむためにそれをするために、臨床効果は現れます。
通常、選択的な行動は、比較的低いです。
それは、副作用(主に口渇、便秘、排尿障害)を伴うかもしれません。
そのうえ、逆てにとってこの排尿障害の副作用をとります。
そして、また、ケースが寝小便の処置のために三環系抗鬱薬です。
他の抗うつ四環系抗うつ薬(第2の世代)(SSRI)(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の分類であります第三世代)。
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再摂取抑制剤は4世代めです)。
NaSSA.Although Iは各々副作用を減らします。
有効性は下がる(セロトニン選択性がより高くなる間、抗ヒスタミン性行動は減少します。
そして、不眠と鎮静への行動は減少傾向があります。
また、この頃これ以外は薬理的な行動を示している抗うつ薬(トリア・ゾロ・ピリジン系)が、相対的にあります。