選択的セロトニン再取り込み阻害薬

選択的セロトニン再取り込み阻害薬というものがあります。
これは一種の抗うつ薬です。
鬱病症(シナプスでセロトニンの再吸収に作用することによる病気としての不安の改善)を、狙う薬品です。
2009年5月現在、100万以上が日本のそれを使うと見積もられます。
副作用が強くて、旧三環式システムと呼ばれている抗うつ薬を処理するのが難しかったので、少数しかありませんでした。
そして、選択的に行って、副作用を開発しました。
肝細胞毒です。
そして、多くのレポートのそこになかった副作用以外の渇き(減少する口の便秘)を含む抗コリン作用性行動に起因している心臓、血管副作用と副作用がセロトニン症候群のような古い抗うつ薬で起こります。
シナプスの前にニューロンによって放出される神経伝達物質セロトニンは、シナプス後ニューロンでセロトニン受容体に作用します。
それはセロトニン輸送機での実行された再摂取(吸収)です。
そして、シナプス間隙で集まったセロトニンは再利用されます。
うつ状態の人がシナプスでセロトニンのあまりに低い密度を持つので、セロトニンがセロトニン受容体に作用するのが難しいという状態にあります。
SSRIは選択的にシナプスをリリースするセロトニンのセロトニン輸送機に作用して、セロトニン再摂取を妨げます。
その結果、セロトニン密度は、これによって非常にある程度維持されます。